英語キャンペーンは1964年より続く歴史あるイベントであり、日本学生協会基金において大きな行事の一つでもあります。中学生にとって「英語に対する興味を湧かせ、大きな広い世界への眼を向ける」ことを目的としており、全国の中学校にて英語の大切さを伝えてまいりました。

現在訪れた中学校数はのべ90校を超え、行く先々で新しい出会いときっかけが生まれています。英語キャンペーンでの出会いが高円宮杯に出場する機会となった子もたくさんおり、キャンペーン最終日にはほとんどの生徒が英語が好きになったと伝えてくれます。今後も英語を学ぶきっかけを中学校へ届けてまいります。